ゴルフ侍

Sponsored Link

プロフィール

古市 忠夫プロのプロフィール

名前

古市 忠夫(ふるいち ただお)

生年月日

1940年9月22日

出身地

兵庫県

略 歴

大学卒業後、5年間の会社員生活を経て、28歳の時、地元神戸市長田区鷹取商店街にカメラ店「東洋カメラ」を設立。
1970年、店の顧客に誘われたことをきっかけに30歳でゴルフを始め、パブリックコースを中心にプレーする。
1979年大神戸ゴルフ倶楽部に入会し、そのわずか2年後にはクラブチャンピオンの座を手中にし、94年にはHC0になるほどの腕前となった。
54歳だった1995年1月、阪神・淡路大地震により被災し、自宅兼店舗が全焼。
震災から3週間後、被災から逃れた車を発見。そのトランクに愛用のゴルフバック一式が残っていたことから「お前はこれからゴルフで生きなさい」と言われたと感じ、この出来事をきっかけにプロゴルファーになることを決意。
2000年にPGAのプロテストを初めて受験。「1800人の参加者から50人しか合格しない」という難関を史上2番目の年齢となる59歳11ヶ月でくぐり抜けた。
プロ2年目の2002年に関西プログランドシニアで初優勝を果たすと、2005年には日本プロゴルフグランドシニア優勝。
また60代中盤からはハンマー投げのフォームをヒントに自ら考案した「ハンマー打法」でドライバーの飛距離を伸ばしている。
現在は地元神戸のゴルフ練習場でインストラクターとして定期的に活動。
また阪神・淡路大地震やゴルフでの経験をテーマに、講演・著述活動も展開している。
(引用元:ゴルフ侍、見参!

 

トップアマ 北湯口 公夫のプロフィール

名前

北湯口 公夫(きたゆぐち きみお)

年齢

66歳

略 歴

所属コース:青森カントリー倶楽部
職業 : 会社経営
ゴルフ歴:33年
ハンディキャップ:3
ベストスコア:67
ドライバー平均飛距離:230y
(引用元:ゴルフ侍、見参!

対戦ゴルフ場

青森カントリー倶楽部 むつ湾コース

HOL

PAR

YARD

HANDICAP

377

 

539

 

152

391

 

361

 

525

 

337

 

135

439

 

古市 忠夫プロ 対 トップアマ北湯口 公夫

今回のプロは古市忠夫(76)。
54歳だった1995年1月、阪神・淡路大地震により被災し、自宅兼店舗が全焼。
震災から3週間後、被災から逃れた車を発見。そのトランクに愛用のゴルフバック一式が残っていたことから「お前はこれからゴルフで生きなさい」と言われたと感じ、この出来事をきっかけにプロゴルファーになることを決意。
2000年にPGAのプロテストを初めて受験。「1800人の参加者から50人しか合格しない」という難関を史上2番目の年齢となる59歳11ヶ月でくぐり抜けた。
プロ2年目の2002年に関西プログランドシニアで初優勝を果たすと、2005年には日本プロゴルフグランドシニア優勝。
対するトップアマは「青森カントリー倶楽部」所属、ゴルフ歴33年にしてHC3の強者、北湯口公夫(66)。
果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
(引用元:ゴルフ侍、見参!

 

提供元

べストゴルフ

公開日

2017/09/28

動画時間

40:25

 

トップページに戻る

Sponsored Link
Sponsored Link

古市 忠夫プロ 対 トップアマ北湯口公夫関連ページ

石渡俊彦プロ 対 トップアマ小野拓也
1995年にプロテスト合格。 2001年に「スポーツコンディショニング研究所」を立ち上げ、ゴルフ指導者の道へ。 当時スランプに悩んでいた中嶋常幸プロの復活に大きく貢献し、以降、男女ツアープロのコーチとして高く評価されているほか、若手の育成やアマチュアのレッスンにも力を注いでいる。 2004年には、ゴルフ界に貢献した人物に贈られる「ゴルフダイジェストアワード レッスン・オブ・ザ・イヤー」を受賞。 対するトップアマは「東松山カントリークラブ」所属、ゴルフ歴29年にしてHC4の強者、小野拓也(49) 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
石渡俊彦プロ 対 トップアマ大久保光彦
1995年にプロテスト合格。 2001年に「スポーツコンディショニング研究所」を立ち上げ、ゴルフ指導者の道へ。 当時スランプに悩んでいた中嶋常幸プロの復活に大きく貢献し、以降、男女ツアープロのコーチとして高く評価されているほか、若手の育成やアマチュアのレッスンにも力を注いでいる。 2004年には、ゴルフ界に貢献した人物に贈られる「ゴルフダイジェストアワード レッスン・オブ・ザ・イヤー」を受賞。 対するトップアマは「東松山カントリークラブ」所属、ゴルフ歴27年にしてHC3の強者、大久保光彦(44) 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
植田浩史プロ 対 トップアマ竹内貴広
名門近畿大学ゴルフ部卒業後、当時栃木県・矢板CCにいた河野高明プロに弟子入り。 シニア2年目となる2010年6月のスターツシニアでプレーオフの末、高橋勝成を下し、レギュラー、シニアを通じて初のツアー優勝を果たす。奇しくもその2ヶ月前、恩師河野氏が死去。 天国の師匠に捧げる、プロ26年目にしての悲願の勝利となった。 対するトップアマは「鴻巣カントリークラブ」所属、ゴルフ歴20年にしてHC1の強者、竹内貴広(46) 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
佐久間 馨プロ 対 トップアマ木村勝巳
40年にわたり、プロからアマチュアまで8000人以上を指導。2010年には、ゴルフダイジェストに掲載されたレッスンの中で最も読者の支持を集めた「ゴルフダイジェストアワード レッスン・オブ・ザ・イヤー」を受賞。ゴルフスウィング解析の第一人者と知られ、「パープレイは誰でもできる」という視点からSメソッドゴルフを確立。 対するトップアマは「真名カントリークラブ」所属、ゴルフ歴31年にしてHC4の強者、木村勝巳(51)。果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
高松厚プロ 対 トップアマ森島孝雄
元プロドラマーの異色プロ。誰に師事することなく自己流で、1989年プロテストに合格。ドラムで培ったリズミカルなラウンドが身上。2014年、PGAシニア後援競技「パラッツォカップ鹿島の杜シニアオープントーナメント」で、嬉しいシニア初優勝を飾った。 対するトップアマは「太田双葉カントリークラブ」所属、ゴルフ歴31年にしてHC0の強者、森島孝雄(63)。果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
中山 徹プロ 対 トップアマ富澤良二
現在、日本プロゴルフ協会理事を務める。シニア入りし、目覚しい活躍をみせたのは97年と98年。平均ストローク、バーディー数、パーブレイク率の3部門で2年連続1位となる。特に97年はキャッスルヒルオープンで優勝、シニア賞金王に輝いた。 対するトップアマは「東京五日市カントリー倶楽部」所属、ゴルフ歴32年にしてHC1の強者、富澤良二(68)。 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
増田哲仁プロ 対 トップアマ白石順一
数多くのツアープロを育て、また不調に陥ったプロの復活優勝にたびたび貢献してきたレッスンのカリスマ。 「歩くように打つ」をテーマに、体に負担がかからず、かつ高いパフォーマンスを発揮できる革新的なスイングを提唱。 2005年、ゴルフ界に貢献した人物に贈られる「ゴルフダイジェストアワード レッスン・オブ・ザ・イヤー」を受賞 対するトップアマは「上総富士ゴルフクラブ」所属、ゴルフ歴29年にしてHC3の強者、白石順一(54)。 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
平石武則プロ 対 トップアマ冨永進
東洋大姫路高校時代の1977年夏の甲子園で5番打者・左翼として優勝に貢献した元高校球児。 1983年にプロ転向。レギュラー時代では2001年「久光製薬KBCオーガスタゴルフトーナメント」で優勝。 2010年にシニアツアーデビュー。2015年、「日本シニアオープン選手権」では、最終日室田淳、米山剛との大激戦を最終ホール、バーディを奪って振り切り、念願のメジャータイトルを手にした。 対するトップアマは「嵐山カントリークラブ」所属、ゴルフ歴40年にしてHC2の強者、冨永進(53)。 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
佐久間 馨プロ 対 トップアマ齋藤元志郎
40年にわたり、プロからアマチュアまで8000人以上を指導。 2010年には、ゴルフダイジェストに掲載されたレッスンの中で最も読者の支持を集めた「ゴルフダイジェストアワード レッスン・オブ・ザ・イヤー」を受賞。 ゴルフスウィング解析の第一人者と知られ、「パープレイは誰でもできる」という視点からSメソッドゴルフを確立。 対するトップアマは「真名カントリークラブ」所属、ゴルフ歴42年にしてHC0の強者、齋藤元志郎(65)。 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
加瀬秀樹プロ 対 トップアマ土屋敏明
ゆったりとしたリズムと恵まれた体格を活かしたフォームで、ドライビングディスタンス部門で常に安定した飛距離を誇る大型プレーヤー。 1983年にプロ入り。90年に「日本プロ選手権」でツアー初優勝。 シニアデビューとなった2010年は、「日本プロゴルフシニア選手権」でメジャータイトルを再び手にする。 対するトップアマは「浦和ゴルフ倶楽部」所属、ゴルフ歴49年にしてHC0の強者、土屋敏明(67)。 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
青山薫プロ 対 トップアマ本藤利一
石川遼を幼少期に教えたことでも知られ、2009年にはレッスン・オブ・ザ.イヤーを獲得。 183cnの体格・見た目の武骨なイメージとは裏腹に、緻密なゴルフ理論を持つ。 対するトップアマは「日高カントリークラブ」所属、ゴルフ歴46年にしてHC3の強者、本藤 利一(64)。 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
増田哲仁プロ 対 トップアマ平野正行
数多くのツアープロを育て、また不調に陥ったプロの復活優勝にたびたび貢献してきたレッスンのカリスマ。 「歩くように打つ」をテーマに、体に負担がかからず、かつ高いパフォーマンスを発揮できる革新的なスイングを提唱。 2005年、ゴルフ界に貢献した人物に贈られる「ゴルフダイジェストアワード レッスン・オブ・ザ・イヤー」を受賞 対するトップアマは「上総富士ゴルフクラブ」所属、ゴルフ歴39年にしてHC2の強者、平野正行(60)。 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
金子柱憲プロ 対 トップアマ真野勝俊
83年のプロテスト合格後、ジャンボ軍団入り。 96年には3勝を挙げ、賞金ランクでは師・尾崎将司に次ぐ2位となり自身初の海外メジャー、全英オープンにも出場。 まさに世界を知るトッププロに成長。 対するトップアマは「沼津ゴルフクラブ」所属、ゴルフ歴38年にしてHC6の強者、真野勝俊(68)。 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
鈴木 亨プロ 対 トップアマ太田芳明
プロ5年目の1993年ジュンクラシックで4打差10位から最終日に65で逆転しツアー初優勝。 2勝目は翌94年の日経カップ。ここでも3打差4位から64を叩き出しての逆転劇。 その爆発力から“ボンバー”の愛称をつけられる。 対するトップアマは「夏泊ゴルフリンクス」所属、ゴルフ歴23年にしてHC3の強者、太田芳明(55)。 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
萩原浩一プロ 対 トップアマ佐野富治
12歳の頃、練習場の球拾いのアルバイトをきっかけにプロゴルファーを目指す。 1991年にプロデビューするも、レギュラー時代は勝利に恵まれなかった苦労人。 しかしシニア3年目となる2012年、ISPSグローイングシニアで全5戦のうち第2戦と最終戦で2度優勝。 プロ人生初となるシード権を獲得した。 対するトップアマは「富士ロイヤルカントリークラブ」所属、ゴルフ歴33年にしてHC3の強者、佐野富治(55)。 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
清水洋一プロ 対 トップアマ川連秀彦
7歳で脱サラ、9年間のサラリーマン生活に終止符を打ち、 34歳の時、プロテストに合格。 99年のチャレンジトーナメント「後楽園カップ第3回」で優勝。 2013年にシニア入り。各大会で上位を賑わせる活躍ぶりを見せている。 対するトップアマは「太平洋アソシエイツ」所属、ゴルフ歴39年にしてHC3の強者、川連秀彦(52)。 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
岩間建二郎プロ 対 トップアマ児玉浩明
80年、86年にPGA公認ドライビングコンテストで優勝、王貞治の一本足打法をゴルフに取り入れ、昭和の飛ばし屋として知られる名プレーヤー。 また、革新的な楕円形ディンプル形状の「飛ぶボール」を自ら開発。 2001年からシニアツアーに参戦、翌2002年から2005年までシード権を獲得。 2005年にはヨーロッパシニアツアーのシード選手として活躍した。 対するトップアマは「麻生カントリークラブ」所属、ゴルフ歴31年にしてHC3の強者、児玉浩明(55)。 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
佐藤英之プロ 対 トップアマ松下公哉
1983年にプロテスト合格。 91年から97年まで、賞金ランクでのシード権を5シーズン獲得。 96年には、ヨネックスオープン広島でツアー初優勝を飾った。 2002年、42歳のときツアープロの傍ら、太平洋クラブ&アソシエイツ益子コースの支配人に就任。 そして2012年7月からは烏山城カントリークラブの支配人に。 現在は支配人業務から離れ、琵琶池ゴルフ倶楽部(栃木県)所属プロとして活躍中。 対するトップアマは「森林公園ゴルフ倶楽部」所属、ゴルフ歴33年にしてHC3の強者、松下公哉(60)。 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
萩原浩一プロ 対 トップアマ斉藤鉄広
12歳の頃、練習場の球拾いのアルバイトをきっかけにプロゴルファーを目指す。 1991年にプロデビューするも、レギュラー時代は勝利に恵まれなかった苦労人。 しかしシニア3年目となる2012年、ISPSグローイングシニアで全5戦のうち第2戦と最終戦で2度優勝。 プロ人生初となるシード権を獲得した。 対するトップアマは「富士ロイヤルカントリークラブ」所属、ゴルフ歴38年にしてHC1の強者、斉藤鉄広(68)。 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
久保勝美プロ 対 トップアマ田村次郎
埼玉・川越商で甲子園を目指した元高校球児。 1990年にプロテストに合格するも、レギュラー時代は不遇を極め、未勝利。 40代後半はシニアツアーへの出場機会を狙って、QTやチャレンジツアーに参加。 そしてプロテスト合格から25年目、2015年4月金秀シニアオープンで悲願のツアー初優勝。52歳で栄冠を手にした。 対するトップアマは「西那須野カントリー倶楽部」所属、ゴルフ歴30年にしてHC1の強者、田村次郎(56)。 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
冨永 浩プロ 対 トップアマ磯 誠一
埼玉・川越商で甲子園を目指した元高校球児。 1990年にプロテストに合格するも、レギュラー時代は不遇を極め、未勝利。 40代後半はシニアツアーへの出場機会を狙って、QTやチャレンジツアーに参加。 そしてプロテスト合格から25年目、2015年4月金秀シニアオープンで悲願のツアー初優勝。52歳で栄冠を手にした。 対するトップアマは「西那須野カントリー倶楽部」所属、ゴルフ歴30年にしてHC1の強者、田村次郎(56)。 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
清水洋一プロ 対 トップアマ藤井幸博
27歳で脱サラ、9年間のサラリーマン生活に終止符を打ち、34歳の時、プロテストに合格。 99年のチャレンジトーナメント「後楽園カップ第3回」で優勝。 2013年にシニア入り。各大会で上位を賑わせる活躍ぶりを見せている。 対するトップアマは「太平洋アソシエイツ」所属、ゴルフ歴17年にしてHC3の強者、藤井幸博(50)。 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
岩間建二郎プロ 対 トップアマ茂野進司
80年、86年にPGA公認ドライビングコンテストで優勝、王貞治の一本足打法をゴルフに取り入れ、昭和の飛ばし屋として知られる名プレーヤー。 また、革新的な楕円形ディンプル形状の「飛ぶボール」を自ら開発。 2001年からシニアツアーに参戦、翌2002年から2005年までシード権を獲得。 2005年にはヨーロッパシニアツアーのシード選手として活躍した。 対するトップアマは「麻生カントリークラブ」所属、ゴルフ歴25年にしてHC1の強者、茂野進司(50)。 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
佐藤英之プロ 対 トップアマ市川清
91年から97年まで、賞金ランクでのシード権を5シーズン獲得。 96年には、ヨネックスオープン広島でツアー初優勝を飾った。 2002年、42歳のときツアープロの傍ら、太平洋クラブ&アソシエイツ益子コースの支配人に就任。 そして2012年7月からは烏山城カントリークラブの支配人に。 現在は支配人業務から離れ、琵琶池ゴルフ倶楽部(栃木県)所属プロとして活躍中。 対するトップアマは「森林公園ゴルフ倶楽部」所属、ゴルフ歴35年にしてHC1の強者、市川清(54)。 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
久保勝美プロ 対 トップアマ新津 淳
埼玉・川越商で甲子園を目指した元高校球児。 1990年にプロテストに合格するも、レギュラー時代は不遇を極め、未勝利。 40代後半はシニアツアーへの出場機会を狙って、QTやチャレンジツアーに参加。 そしてプロテスト合格から25年目、2015年4月金秀シニアオープンで悲願のツアー初優勝。52歳で栄冠を手にした。 対するトップアマは「西那須野カントリー倶楽部」所属、ゴルフ歴42年にしてHC4の強者、新津 淳(72)。 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
冨永 浩プロ 対 トップアマ相馬裕暢
1985年、当時アマチュアながら全米オープン予選を見事突破して本戦に出場。 さらに同年、全米アマチュア選手権にも予選1位通過で出場。 その後プロに転向し、カナダツアーやオーストラリアツアーにも参戦。 88年に帰国し、JPGAプロテストに合格すると翌89年フジサンケイクラシックで国内ツアーデビューを果たした。    現在はテレビ解説者としても幅広く活躍中。 対するトップアマは「ホウライカントリー倶楽部」所属、ゴルフ歴21年にしてHC5の強者、相馬裕暢(49)。 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
海老原清治プロ 対 トップアマ藤本和大
「ゴルフ侍、見参!」記念すべき第一回に出演。 1985年に、中日クラウンズでレギュラーツアー初勝利。 99年にシニア入り。2000年からは欧州に活躍の場を求め、2002年には3勝を飾り、日本人として初めてヨーロピアンシニアツアーで賞金王を獲得した。 対するトップアマは「太平洋クラブ」所属、ゴルフ歴20年にしてHC3の強者、藤本和大(51)。 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
川岸良兼プロ 対 トップアマ森塚 実
2017年、ついにシニアデビューとなる“元祖怪物”がゴルフ侍初登場!! ジュニア時代から才能を発揮し、鳴り物入りで1989年にプロ入り。 翌90年は年間3勝を挙げ、賞金ランク3位。 新人選手としての目覚ましい躍進ぶりに加えて、大柄な体格から放たれる豪快なドライバーショットから “怪物”と呼ばれた。 対するトップアマは「カレドニアン・ゴルフクラブ」所属、ゴルフ歴29年にしてHC2の強者、森塚実(51)。 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
山本善隆プロ 対 トップアマ杉浦敦也
レギュラーツアー通算13勝、生涯獲得賞金は6億円を突破するなど レギュラー時代からロングアイアン、パットの名手として、数々のビッグタイトルを手にしてきた。 2001年にシニア入りし、米チャンピオンズツアーを経て、翌02年から国内シニアツアーに本格参戦。 対するトップアマは「南紀白浜ゴルフ倶楽部」所属、ゴルフ歴24年にしてHC3の強者、杉浦敦也(54)。 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
金山和雄プロ 対 トップアマ山崎幸二
1976年にプロテスト合格するも勝ちきれず未勝利の年が長く続いた。 ツアー断念も考えた44歳のとき、97年のアコムインターナショナルで 悲願のツアー初優勝を成し遂げ、20年間の選手生活で初めてのシード権を獲得。 対するトップアマは「レオグラードゴルフクラブ」所属、ゴルフ歴21年にしてHC2の強者、山崎幸二(51)。 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
牧野 裕プロ 対 トップアマ岸 茂人
ステディなゴルフが身上の知性派プロ。 1983年にポカリスエット白竜湖オープンでツアー初優勝を飾ると、91年の大京オープン、92年のダイドー静岡オープン、同92年のフジサンケイとレギュラーツアー通算4勝。 2006年にシニアツアーに参戦。現在は雑誌やTV中継の解説でも活躍中。 対するトップアマは「ゴールデンクロスカントリークラブ」所属、ゴルフ歴26年にしてHC3の強者、岸茂人(61)。 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
安田春雄プロ 対 トップアマ深沢隆一
初優勝は68年の中日クラウンズ。 その後、ダンロップ、日本マッチプレー選手権など数々の国内タイトルを手中にし、河野高明プロ、杉本英世プロとともに「和製ビッグスリー」の一角を担う活躍を見せた。 対するトップアマは「グランフィールズカントリークラブ」所属、ゴルフ歴50年にしてHC5の強者、深沢隆一(70) 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
海老原清治プロ 対 トップアマ善方幸次
「ゴルフ侍、見参!」記念すべき第一回に出演。 1985年に、中日クラウンズでレギュラーツアー初勝利。 99年にシニア入り。2000年からは欧州に活躍の場を求め、2002年には3勝を飾り、日本人として初めてヨーロピアンシニアツアーで賞金王を獲得した。 対するトップアマは「太平洋クラブ」所属、ゴルフ歴20年にしてHC2の強者、善方幸次(63)。 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
丸山智弘プロ 対 トップアマ三須隆幸
故中村寅吉プロの「最後の内弟子」。 1988年の関東プロ選手権でツアー初優勝を飾ると96年まで9シーズン連続シード選手として活躍。 2008年にシニア入り。 シニア2年目となる2009年コマツオープンで、4人によるプレーオフを制し念願のシニアツアー初Vを飾った。 対するトップアマは「修善寺カントリークラブ」所属、ゴルフ歴49年にしてHC5の強者、三須隆幸(67) 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
川岸良兼プロ 対 トップアマ佐藤雅彦
2017年、ついにシニアデビューとなる“元祖怪物”がゴルフ侍に登場!! ジュニア時代から才能を発揮し、鳴り物入りで1989年にプロ入り。 翌90年は年間3勝を挙げ、賞金ランク3位。 新人選手としての目覚ましい躍進ぶりに加えて、大柄な体格から放たれる豪快なドライバーショットから “怪物”と呼ばれた。 対するトップアマは「カレドニアン・ゴルフクラブ」所属、ゴルフ歴12年にしてHC2の強者、佐藤雅彦(48)。 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
山本善隆プロ 対 トップアマ田中仁
レギュラーツアー通算13勝、生涯獲得賞金は6億円を突破するなど レギュラー時代からロングアイアン、パットの名手として、数々のビッグタイトルを手にしてきた。 2001年にシニア入りし、米チャンピオンズツアーを経て、翌02年から国内シニアツアーに本格参戦。 対するトップアマは「南紀白浜ゴルフ倶楽部」所属、ゴルフ歴30年にしてHC1の強者、田中仁(67)。 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
金山和雄プロ 対 トップアマ上市恭司
1976年にプロテスト合格するも勝ちきれず未勝利の年が長く続いた。 ツアー断念も考えた44歳のとき、97年のアコムインターナショナルで悲願のツアー初優勝を成し遂げ、20年間の選手生活で初めてのシード権を獲得。 対するトップアマは「レオグラードゴルフクラブ」所属、ゴルフ歴31年にしてHC1の強者、上市恭司(53)。 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
中根初男プロ 対 トップアマ松村 茂
166cm、64kgと小柄な体格ながら変則的なスイングで280ヤード飛ばす54歳。 1988年にプロ入りしたが、レギュラー時代は未勝利。 しかしシニア2年目となる2014年、金秀シニア沖縄オープンでプレーオフの末、初めてのツアー優勝を果たした。 対するトップアマは「アローエースゴルフクラブ」所属、ゴルフ歴36年にしてHC4の強者、松村茂(56)。 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
牧野 裕プロ 対 トップアマ門間良勝
ステディなゴルフが身上の知性派プロ。 1983年にポカリスエット白竜湖オープンでツアー初優勝を飾ると91年の大京オープン、92年のダイドー静岡オープン、同92年のフジサンケイとレギュラーツアー通算4勝。 2006年にシニアツアーに参戦。現在は雑誌やTV中継の解説でも活躍中。 対するトップアマは「ゴールデンクロスカントリークラブ」所属、ゴルフ歴47年にしてHC1の強者、門間良勝(67)。 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
安田春雄プロ 対 トップアマ石川弘人
1962年にプロテスト合格。初優勝は68年の中日クラウンズ。 その後、ダンロップ、日本マッチプレー選手権など数々の国内タイトルを手中にし、河野高明プロ、杉本英世プロとともに「和製ビッグスリー」の一角を担う活躍を見せた。 対するトップアマは「グランフィールズカントリークラブ」所属、ゴルフ歴42年にしてHC5の強者、石川弘人(70) 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
丸山智弘プロ 対 トップアマ望月清人
故中村寅吉プロの「最後の内弟子」。 1988年の関東プロ選手権でツアー初優勝を飾ると96年まで9シーズン連続シード選手として活躍。 2008年にシニア入り。 シニア2年目となる2009年コマツオープンで、4人によるプレーオフを制し念願のシニアツアー初Vを飾った。 対するトップアマは「修善寺カントリークラブ」所属、ゴルフ歴32年にしてHC3の強者、望月清人(59) 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
芹澤大介プロ 対 トップアマ石井一久
名門日本大学ゴルフ部出身。 2015年にシニア入り、同年日本シニアオープンでは6位タイでフィニッシュ。 身体に関する卓越した知識と繊細な感覚でゴルフ誌等でも活躍するなど、未だレギュラーでも通用する飛距離と技術を併せ持つ“イケメン・シニア”プロ。 対するトップアマは「成田ゴルフ倶楽部」所属、ゴルフ歴22年にしてHC2の強者、元プロ野球選手の石井一久(43) 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
芹澤大介プロ 対 トップアマ古田敦也
名門日本大学ゴルフ部出身。 2015年にシニア入り、同年日本シニアオープンでは6位タイでフィニッシュ。 身体に関する卓越した知識と繊細な感覚でゴルフ誌等でも活躍するなど、未だレギュラーでも通用する飛距離と技術を併せ持つ“イケメン・シニア”プロ。 対するトップアマは「成田ゴルフ倶楽部」所属、ゴルフ歴27年にしてHC6の強者、元プロ野球選手の古田敦也(51) 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
福澤義光プロ 対 トップアマ渡辺利明
一躍、その名を知らしめたのは、96年初めてシード権をとった年のこと。 ある試合で自分のボールの下敷きになっているトンボを発見。 「そのまま打てばトンボが死んでしまう。それは可愛そうに思えた」と、ペナルティが科されることを承知でボールを拾い上げ、トンボを助けた。 このエピソードでユネスコのフェアプレー賞を受賞。 対するトップアマは「こだまゴルフクラブ」所属、ゴルフ歴24年にしてHC0の強者、渡辺利明(55) 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
矢部 昭プロ 対 トップアマ金子春男
172cm、64kgの体躯はプロゴルフ界随一の軽量プロと呼ばれた。 1965年にプロ入りし、1979年には静岡オープン、1980年には関東プロゴルフ選手権、そして1982年に日本オープンゴルフ選手権を制覇。 齢70を過ぎた今も、スリムゴルファーの心意気、「非力でもスキルを磨けば栄冠は成る!」を示している。 対するトップアマは「千葉セントラルゴルフクラブ」所属、ゴルフ歴43年にしてHC3の強者、金子春男(66) 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
中根初男プロ 対 トップアマ小野ア悟
166cm、64kgと小柄な体格ながら変則的なスイングで280ヤード飛ばす54歳。 1988年にプロ入りしたが、レギュラー時代は未勝利。 しかしシニア2年目となる2014年、金秀シニア沖縄オープンでプレーオフの末、初めてのツアー優勝を果たした。 対するトップアマは「アローエースゴルフクラブ」所属、ゴルフ歴33年にしてHC4の強者、小野ア悟(55)。 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
比嘉 勉プロ 対 トップアマ一寸木廣志
1989年にプロテスト合格。 プロ16年目にして、チャレンジ競技ながら2005年に「PGA・JGTOチャレンジT」で初優勝。 また、シニアデビューとなった2013年には、下部ツアーの「ISPS グローイングシニアオープン ハンダ熱血シリーズ第1戦」で優勝を飾り、シニアプロとして上々のスタートを切った。 対するトップアマは「ギャツビイゴルフクラブ」所属、ゴルフ歴46年にしてHC5の強者、一寸木廣志(69)。 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
福澤義光プロ 対 トップアマ吉若 茂
一躍、その名を知らしめたのは、96年初めてシード権をとった年のこと。 ある試合で自分のボールの下敷きになっているトンボを発見。 「そのまま打てばトンボが死んでしまう。それは可愛そうに思えた」と、 ペナルティが科されることを承知でボールを拾い上げ、トンボを助けた。 このエピソードでユネスコのフェアプレー賞を受賞。 対するトップアマは「こだまゴルフクラブ」所属、ゴルフ歴21年にしてHC3の強者、吉若茂(60) 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
矢部 昭プロ 対 トップアマ松崎博彦
172cm、64kgの体躯はプロゴルフ界随一の軽量プロと呼ばれた。 1965年にプロ入りし、1979年には静岡オープン、1980年には関東プロゴルフ選手権、そして1982年に日本オープンゴルフ選手権を制覇。 齢70を過ぎた今も、スリムゴルファーの心意気、「非力でもスキルを磨けば栄冠は成る!」を示している。 対するトップアマは「千葉セントラルゴルフクラブ」所属、ゴルフ歴44年にしてHC1の強者、松崎博彦(76) 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
白浜育男プロ 対 トップアマ井山光一
ゴルフ場予約、ゴルフレッスン、ゴルフショップ、中古クラブの情報サイトです
中島弘二プロ 対 トップアマ松丸佳孝
22歳でプロデビュー。 1995年シニア転向後は、同年・五島昇メモリアルとうきゅうシニアカップ優勝。 翌96年には、シニアの勲章、日本プロゴルフシニア選手権を制する。 また、香妻琴乃といったトッププロからジュニアまで幅広く指導。 パワーと個性を引き出すティーチングプロとしての評判も高い。 対するトップアマは「成田ヒルズカントリークラブ」所属、ゴルフ歴23年にしてHC1の強者、松丸佳孝(46) 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
初見充宣プロ 対 トップアマ藤田久男
2008年第1回金秀シニア沖縄オープンでは最終日後半、3ホール連続バーディーを奪う猛チャージで逆転し、初代王者に輝いた。 今年2017年の関東プログランドシニア選手権では、人生初のエージシュート(64歳で63ストローク)を決め勝利を飾るなど還暦を過ぎてもベテランの力はまだまだ衰えることはない。 対するトップアマは「太平洋クラブ」所属、ゴルフ歴42年にしてHC1の強者、藤田久男(54) 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
井上久雄プロ 対 トップアマ南出 繁
29歳でプロテスト合格。 レギュラー時代はプロ入り17年目の92年、45歳の時にアコムインターナショナルで優勝。 97年にシニア入りすると、同年の日本シニアオープンで5位タイ。 翌98年にはコマツ名古屋テレビオープンで2位以下に6打差をつける強さでシニア初優勝を飾った。 対するトップアマは「伏尾ゴルフ倶楽部」所属、ゴルフ歴37年にしてHC6の強者、南出繁(65) 果たして。どんな戦いが繰り広げられるのか!?
松本紀彦プロ 対 トップアマ吉川 隆
1972年にプロテスト合格。 2004年、関西プロゴルフグランドシニア選手権(60歳以上)で優勝。 その後、2012年日本プロゴルフグランドゴールドシニア選手権、ゴールドシニア部門(68歳以上)、2014年日本ゴールドユニデンシリーズで優勝。 同2014年の関西プロゴルフゴールドシニア選手権ではエージシュート「70」を達成するなど、古希を過ぎた今もなおゴルフへの情熱は衰えていない。 対するトップアマは「花屋敷ゴルフ倶楽部」所属、ゴルフ歴21年にしてHC6の強者、吉川隆(63) 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
比嘉 勉プロ 対 トップアマ森 静生
1989年にプロテスト合格。 プロ16年目にして、チャレンジ競技ながら2005年に「PGA・JGTOチャレンジT」で初優勝。 また、シニアデビューとなった2013年には、下部ツアーの「ISPS グローイングシニアオープン ハンダ熱血シリーズ第1戦」で優勝を飾り、シニアプロとして上々のスタートを切った。 対するトップアマは「ギャツビイゴルフクラブ」所属、ゴルフ歴41年にしてHC5の強者、森静生(67)。 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
白浜育男プロ 対 トップアマ林 一夫
レギュラー時代は1988年のフジサンケイクラシックでツアー初優勝。93年にはブリヂストンオープンを制覇。 2009年にシニア入りし、2011年の皇潤クラシックシニアオープン優勝するなど賞金シードを守り続けている実力者。 2013年に眼底出血をしてから目の不調に悩まされるも、翌2014年にはアサヒ緑健カップTVQシニアオープン優勝を成し遂げ、そんなハンデは感じさせない。 対するトップアマは「川越カントリークラブ」所属、ゴルフ歴27年にしてHC5の強者、林一夫(52) 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
高見和宏プロ 対 トップアマ田中 淳
北海道出身の数少ないプロの一人。レギュラーツアー初優勝は94年のユナイテッド航空KSBオープン。翌95年にはPGAフィランスロピーでプレーオフの末、ツアー2勝目を挙げた。2010年にシニア入りすると、同年ファンケルクラシックで2位に5打差をつける圧勝でシニアツアー初優勝を飾った。 対するトップアマは「JGM宇都宮ゴルフクラブ」所属、ゴルフ歴12年にしてHC4の強者、田中淳(46)。 果たしてどんな戦いが繰り広げられるのか!?
佐久間 馨プロ 対 トップアマ武山コ蔵
ゴルフ場予約、ゴルフレッスン、ゴルフショップ、中古クラブの情報サイトです

トップ 動画レッスン ゴルフ侍 ゴルフ場予約 ゴルフショップ 中古ゴルフクラブ プロのブログ お問い合わせ