前傾姿勢の基本をマスターしてミート率UP

Sponsored Link

前傾姿勢の基本をマスターしてミート率UP

主 題

前傾姿勢の基本をマスターしてミート率UP

提供元

Ryunan Sakmoto

公開日

2011/09/20

動画時間

0:45

内 容

飛距離というのは、クラブとボールと本人の身体能力などで最大値はある程度決まってしまいますね。

 

しかし、皆その最大値まで、きていないのも事実だと思います。

 

それには、基本をしっかりとマスターして、効率的なスイングがをしたことによって、ミート率、エネルギー効率が高まり、飛距離という結果につながるわけですが、劇的に飛距離が伸びるということは、なかなかレッスンをしていても、お目にかかることはありません。

 

しかし、しっかりと積み重ねをしてきた人には、ある日突然急激に飛距離が伸びるということが起こります。

 

すべての歯車がガッチリ噛み合って始めて飛距離という結果に繋がるのですね。

 

そんな飛距離アップのきっかけを私の体験でお話します。

 

今日は理論ではなく、体験談なので、適当に読んでくださいね。

 

私も以前ボールは曲がりはしませんでしたが、とにかく飛距離が出ずに悩んでいました。

 

飛距離があれば、戦えるのにと、必死になってスイングをいじってみたり、ウェイトトレーニングをやってみたり、人が飛ぶといったクラブを使ってみたりと、色々とやってみた時期がありました。

 

しかし、どれほどやってもそんなに飛距離が変わることはありませんでした。

 

しかも、飛距離を伸ばすために体重は大胆に移動して、体も出来るだけねじって打っていました。

 

しかし、ボールには当たりづらいのは言うまでもありませんね。

 

当たらないから今度は無意識のうちに当てにいくスイングになってしまいました。

 

結果、飛距離が伸びるどころかどんどん飛距離が落ちてしまいました。

 

さすがに私もどうしようか悩みました。

 

何だか良く分からなくなってしまったのでしょう。

 

そこで、私が出した答えは「飛ばすことは諦める。」ということでした。

 

但し、スイングだけは流れるような淀みないもの作り上げようと思って抜本的な改革をすることにしました。

 

それほどまでにスイングがぐちゃぐちゃだったのです。

 

そこで着手したのが、

 

1、体重移動を意識的に行わない事。

 

2、軸を動かさない事。

 

3、前傾姿勢を崩さないでスイングする事。

 

この3つだったと思います。そして、ある日のラウンド中

 

「どうせ飛ばないのだから、打つ前に息を吐いて肩の力を抜いてくるっと回ればいいや。」

 

と思ったのです。

 

でしっかりと姿勢に気をつけながら、アドレスに入って

 

ふーー〜

 

くるっ

 

?????

 

何だか今ものすごく良い感触だった気がしたのです。

 

案の定、いつもより20ヤードぐらい飛んでいて、それをきっかけに飛距離が伸びていったというわけです。
ですから、私の意見としては、しっかり振るということが大事だと良く言われます。

 

ですが、おもいっきり振れば良いというわけではないのですね。

 

しっかり振る下地を作っていく。

 

そうするとミート率が上がる

 

ボールに当たるという自信がしっかり振れるということにつながります。

 

そのあとに飛距離は勝手についてくるのだと思います。

 

とにかく諦めないで継続する事です。

 

何かの拍子で何かが変わります。

 

それがゴルフの面白いところだと思います。

坂本龍楠プロのその他の動画ゴルフレッスン

前傾姿勢の基本をマスターしてミート率UP 0:45

トップページに戻る

Sponsored Link
Sponsored Link

トップ 動画レッスン ゴルフ侍 ゴルフ場予約 ゴルフショップ 中古ゴルフクラブ プロのブログ お問い合わせ