フェアウェイウッドの基本

Sponsored Link

フェアウェイウッドの基本

主 題

フェアウェイウッドの基本

提供元

Ryunan Sakmoto

公開日

2011/10/04

動画時間

1:12

内 容

すべてのクラブに共通して、グリップした両手を剣道の面を打つように左目の前から下に下ろしていった形がアドレスの基本の手の位置です。

 

アイアンの場合、シャフトが短く、ロフト角があり、スタンスがウッドに比べると、狭くなるので、ボールの位置を同じ左足のかかとの延長線上付近に置いても、ボールより手の-位置が目標方向よりのハンドファーストという状態になりますね。

 

この形のおかげでショートアイアンは上からヒットしやすくなっているのですね。

 

逆にドライバーはティアップしてスタンスをショートアイアンより開きますね。そのため、ボールが左側にあるように感じられ、ハンドファーストにはなりませんよね。

 

そこで、今日のお題のフェアウェイウッドのアドレスはどうするかというと、大まかではありますが、ドライバーとアイアンの流れを考えて、ドライバーとアイアンの真ん中と意-識しましょう。

 

正面からシャフトの傾きを見て、ドライバーがやや右に傾き、フェアウェイウッドが真っ直ぐ、アイアンが左に傾いたハンドファーストの状態と覚えておけば良いでしょう。

 

フェアウェイウッドで、ボールが上がらない人はアドレスの手の位置、ハンドファースト、シャフトの傾きを確認してみましょう。

 

アドレスは言わば、スタートです。

 

スタートに失敗すると、立て直すのが難しくなってしまいますね。

 

逆にスタートを上手く乗り切ればリズムにのることが出来ますね。

坂本龍楠プロのその他の動画ゴルフレッスン

フェアウェイウッドの基本 1:12

トップページに戻る

Sponsored Link
Sponsored Link

トップ 動画レッスン ゴルフ侍 ゴルフ場予約 ゴルフショップ 中古ゴルフクラブ プロのブログ お問い合わせ