身体全体フェイス面を感じましょう。

Sponsored Link

身体全体フェイス面を感じましょう

主 題

身体全体フェイス面を感じましょう

提供元

Ryunan Sakmoto

公開日

2011/10/20

動画時間

1:20

内 容

クラブのフェイス、いわゆるボールが当たる面の部分、ここが実際の動きの中で自分がどこに向けて動いているかを把握しながら打てることが望ましいです。(意識的でも無意識でもかまいません。)

 

フェイスアングルを一番感じやすいのが手の平だったり手の甲ですね。

 

しかし、フェイス面を手や腕の感覚に頼りすぎると、手は器用なので時と場合、状況によって自分の心理状況や体調を考慮してクラブを振ってしまいます。そのため、再現性にかけてしまう部分がでてきますね。

 

それに手の動きを大きく使うと、フェイス面はそれに合わせて、大きく動いてしまいます。

 

そうするとみなさんもご存知の通り、自分で真っ直ぐ構えたはずのクラブがインパクトでなぜか、同じように真っ直ぐに戻ってこないという現象が起きてしまいます。

 

そうなってしまうことを防ぐためにも手や腕の動きを最小限にして身体全体の動きで振ってあげる。そうするとフェイス面は動きにくいのでインパクトフェイスが真っ直ぐな状態で当たりやすい、手は動かないようにしているので、感覚を出すことに集中できる、細かい動きのできない体幹部分なので、再現性が高くなるという良い事づくめです。

 

デメリットをあげるとすると、今まで手で振っていたとすると、加速感が違うので上手くヘッドスピードをあげることができなくなる人がいるかと思います。

 

しかし、やっぱり自分は良い動きで綺麗にボールを打っていただきたいので、このようなイメージで打ってもらうことをお願いいたします。

 

腕は器用なんです。ですからいつでも使えます。体幹部分が正しい動きを覚えてくれれば、少しの腕使いもへっちゃらです。

 

しかし、手や腕だけに頼っていたら、身体が全然動いてくれないスイングになってしまいます。

 

そうならないためにも、このような意識を持って練習していただけると自分も嬉しいかぎりです。

坂本龍楠プロのその他の動画ゴルフレッスン

身体全体フェイス面を感じましょう 1:20

トップページに戻る

Sponsored Link
Sponsored Link

トップ 動画レッスン ゴルフ侍 ゴルフ場予約 ゴルフショップ 中古ゴルフクラブ プロのブログ お問い合わせ