アプローチで身体の正面で打つドリルとは?

Sponsored Link

アプローチで身体の正面で打つドリルとは?

主 題

アプローチで身体の正面で打つドリルとは?

提供元

Ryunan Sakmoto

公開日

2011/11/12

動画時間

1:37

内 容

以前の記事で飛距離アップのために、身体の捻転差を少し入れると、良いという記事を書きました。

 

しかし、あまり捻転差が大きくなりすぎると、身体と腕、そしてクラブの動きがばらばらになってしまい、身体の正面でボールをとらえることが難しくなってしまうことをお伝えしました。

 

本日のアプローチはそのまさに捻転差で感じを出すアプローチについてです。中上級者の人にこの打ち方は多いかもしれません。

 

しかし、感じはその日その日でけっこう変化します。ですから、上手く行く日となんか変だなの日が順繰りにきます。

 

それではゴルフのゲームには不利ですね。ですから、感じが変わらない。

 

身体の捻転差というよりはクラブの位置エネルギーを利用したアプローチ。やっぱり基本の左右対称の振り幅でヘッドの重さで打つということを徹底してみましょう。

 

捻転差をなくすのにかんたんな方法は振り幅を決めて、そのトップで一時停止しましょう。あえて動きの流れをとめることで、そのヘッドが到達した力のみでアプローチする感覚です。

 

でも身体は回転しますので、ただヘッドを落とすだけというわけではないので、あくまで手や腕に頼らない身体で打つ動きを覚えるのに効果的だと思います。

 

あえてスイングの流れを断ち切ってあげるのも面白い感覚があります。ゆっくり打つことにもつながりますので、リズムが速い人などはぜひ取り入れてみてくださいね。そもそも捻転差は飛距離を追求するためのもの。
アプローチに飛距離UPは入りませんね。

坂本龍楠プロのその他の動画ゴルフレッスン

アプローチで身体の正面で打つドリルとは? 1:37

トップページに戻る

Sponsored Link
Sponsored Link

トップ 動画レッスン ゴルフ侍 ゴルフ場予約 ゴルフショップ 中古ゴルフクラブ プロのブログ お問い合わせ