支点と軸を使い分けて良い回転運動を作る

Sponsored Link

支点と軸を使い分けて良い回転運動を作る

主 題

支点と軸を使い分けて良い回転運動を作る

提供元

Ryunan Sakmoto

公開日

2011/12/18

動画時間

1:16

内 容

ゴルフの競技特性上、確率が重要になってくるスポーツですね。

 

確率をあげるために、スイングの精度を高めるために考えられることはバランス良く振ることです。バランス良く振るためには左右の対称性が必要ですね。左右対称をつくるためには中心となる部分が必要ですね。

 

私はいつも軸を意識するとこのブログでもお伝えしておりますが、軸は身体を捻る(回転)するために必要なものなので、ことショートゲームに関しては、スイングが小さいために軸よりも支点を意識するほうがイメージが湧き、身体で打つことができるのではと思います。

 

クラブが腰の高さを越えるあたりから、身体に捻れが生じますので、支点→軸にイメージ転換するのがオススメです。

 

ショートゲームは支点、ショットは軸

 

これで上手く前傾角度が保てるのではと思います。

坂本龍楠プロのその他の動画ゴルフレッスン

支点と軸を使い分けて良い回転運動を作る 1:16

トップページに戻る

Sponsored Link
Sponsored Link

トップ 動画レッスン ゴルフ侍 ゴルフ場予約 ゴルフショップ 中古ゴルフクラブ プロのブログ お問い合わせ