左に球が曲がってしまう人の対処法とは?

Sponsored Link

左に球が曲がってしまう人の対処法とは?

主 題

左に球が曲がってしまう人の対処法とは?

提供元

Ryunan Sakmoto

公開日

2011/12/25

動画時間

2:02

内 容

流石フェニックスすばらしいゴルフ場でした。

 

色々と書きたい事がありますが、フェアウェイについて書きます、フェニックスの芝、フェニックスターフと呼ばれる、ティフトンに改良を加えたような芝生がオーバーシード(二毛作みたいな感じで一年中緑を保つ方法)してあります。

 

フェアウェイに行って、ライを見ると、西洋芝に近いので、ボールが沈んでいるように感じます。というより普段より沈んでいます。

 

そのため少しでもクラブが手前から入ると、わらじのような芝生がとれて、ボールがまったく飛ばずけっこう辱めをうけます。

 

私自身もいきなりやりました。(笑)

 

こういうクラブヘッドの最低点をシビアに要求してくる芝に遭遇すると、軸がぶれないことの大切さが身にしました。

 

私自身でも少し『うわっ』となってしまう所をお客様が回っていると、だんだん当たらなくなってきてしまうわけです。

 

ダフりが嫌だ→起き上がる→クラブが届かない→当たりが薄くなる→当たりが薄くなるので打ち込む→打ち込む動きが強くなって当てる動きが強くなる→当てる動きは手打ちを助-長する。→どんどんおかしくなってくる。

 

そんなイメージだと思います。

 

そううならないためにもまず大切になってくるのが、軸中心に回転して最後まで振り抜いていくことです。

 

単純ですが、これがまず大切です。ボールが左に曲がりすぎてしまう人も一緒です。

 

どこかで身体が止まるタイミングを作ってしまうと、手や腕がここぞとばかりに動き出してしまいます。

 

私自身もラウンド途中同じ症状を感じたので、振り切ることを優先してボールの前のターフが綺麗に飛ぶようになりました。

坂本龍楠プロのその他の動画ゴルフレッスン

左に球が曲がってしまう人の対処法とは? 2:02

トップページに戻る

Sponsored Link
Sponsored Link

トップ 動画レッスン ゴルフ侍 ゴルフ場予約 ゴルフショップ 中古ゴルフクラブ プロのブログ お問い合わせ