片手でストロークするパットの効果とは?

Sponsored Link

片手でストロークするパットの効果とは?

主 題

片手でストロークするパットの効果とは?

提供元

Ryunan Sakmoto

公開日

2012/01/06

動画時間

1:11

内 容

本日はパッティングについてです。
朝自分がパッティンググリーンに行ったら、まずはじめに行うのはは右手でパターを持ってポーンとボールを転がしてあげます。何球か転がします。

 

グリーンのスピードも見る意味もありますが、気をつけたいのは一つ手首の使い過ぎを抑えてあげるのを朝一で自分に教えてあげたいからです。

 

そのために注意するのは、
1,右手首を固定する(完全に固定は無理ですが)
2,身体の動きでヘッドを動かしてあげる

 

この2つをイメージしてなんとなくポーンとボールを転がします。

 

パターで嫌なのはパンチが入ってしまうこと(手首を使ってボールを弾いてしまうこと)です。これが始まってしまうと一日距離感の合わない気持ちの悪い一日になってしまうので、その弾く動きを朝の一発目で排除しようという狙いがあります。

 

なんとなく打っていても手首の角度を保ちながらストロークできていれば、同じような転がりで同じような場所にボールが集まってくると思います。

 

ぜひ朝練習グリーンに行ったらやってみてくださいね。

坂本龍楠プロのその他の動画ゴルフレッスン

片手でストロークするパットの効果とは? 1:11

トップページに戻る

Sponsored Link
Sponsored Link

トップ 動画レッスン ゴルフ侍 ゴルフ場予約 ゴルフショップ 中古ゴルフクラブ プロのブログ お問い合わせ