私が「体重移動」とあまり使わない理由

Sponsored Link

私が「体重移動」とあまり使わない理由

主 題

私が「体重移動」とあまり使わない理由

提供元

Ryunan Sakmoto

公開日

2012/01/17

動画時間

1:18

内 容

私はレッスンの時に体重移動に関してあまりお伝えしません。もちろん体重移動ができていない人には体重移動という言葉を使って、エネルギーが上手くボールに伝わるような体の動きを誘導することもあります。

 

しかし、あまり使わないようにしています。その理由は体重移動を意識ながらのスイング軸と前傾角度のキープは極めて難しいと考えているからです。

 

体重移動という言葉を意識しすぎると、体重移動=左右への移動になってしまうことが多いからです。

 

左右への移動が過度におこってしまうと、まず軸のイメージが消えてしまいます。スイングはシンプルに考えると、回転運動ですから、一つの軸が必要になりますね。それが崩れてしまうということはスイングではなくなってしまうということですね。

 

それと軸とこみで少し考えて頂きたいのですが、左右への移動が強くなると、前傾角度を保つことも困難になります。

 

前傾角度とはつまり、ボールが地面にあるので、クラブをボールに構えるために、直立した状態から上半身を前に倒した角度のことです。ボールに上手く当てるために、上体を前-傾させるわけなのですが、

 

実際にボールが当たる時に上体の角度が変わってしまったら、どうなりますか?ボールの位置にクラブは戻ってきませんよね。

 

無理やり戻そうとするとどうするかというと、手で合わせにいくんですね。それがいわゆる手打ちという状態なんですね。
だから、「前傾角度のキープ。」「軸をしっかり意識。」と色々なところで言われているわけですね。

 

その結果、上手く体重が移動できていれば、良いのではないかと私は考えています。体重移動するからスイングになるのではなく、スイングするから体重移動がおこると考えておくと良いかもしれませんね。

坂本龍楠プロのその他の動画ゴルフレッスン

私が「体重移動」とあまり使わない理由 1:18

トップページに戻る

Sponsored Link
Sponsored Link

トップ 動画レッスン ゴルフ侍 ゴルフ場予約 ゴルフショップ 中古ゴルフクラブ プロのブログ お問い合わせ